渓流ルアー

丹沢ヤドリキY.G.L.スポーツフィッシングエリア

【ウェーダー必須】 丹沢ヤドリキY.G.L.スポーツフィッシングエリア 【雰囲気抜群】

12月の末頃に、ヤドリキY.G.L.スポーツフィッシングエリアに行く機会があった。 自然河川を区切ったタイプの管理釣り場なのだが、特徴的なのが「ウェーダーが無いと受付に行けない」という事。 お陰で子供や家族連れの姿は無く、経験者...
ランディングネット

【意外と簡単】ランディングネットの網を交換してみた【ラバーコーティングに】

あと1か月半程で渓流が解禁となる。 色々準備をする中で、ランディングネットはやはりラバー製の物の方が魚に優しいのでは、という事で、今使っているネットをシリコンラバーの物に変えようかな・・・と思ったのだが、シリコンラバーの物は一番小さい...
渓流ルアー

【オフシーズンの癒し】小菅川冬季ニジマス釣り場【お手頃な遊漁料も魅力】

自然渓流の遊漁期間は大体9月末くらいまでの所が多く、10月ともなれば殆どの場所が禁漁となる。そんな中、自然渓流の一部をキャッチ&リリース区間として開放してくれているのが小菅川の冬季ニジマス釣り場。 普通の管理釣り場より少し自然渓流に近...
ベイトリール

【インプレ】アブ アンバサダー 1500C IAR【渓流ベイトフィネスに】

前の記事でアンバサダー1500Cの廉価版、150プラスを紹介させて貰ったが、丁度同じくらいのタイミングで手の届きそうな価格で1500C IARが売っているのを発見。 中古リールは一期一会・・・という事で、今月の予算はオーバーだがとりあ...
渓流ルアー

渓流ルアーフィッシングにスピンキャストリールがおススメな件

今年はスピンキャストリールを渓流ルアーに取り入れて来た。 何種類か試してみた所、リールによって向き不向きがあるものの結果としては十分に使える、むしろ状況によってはスピニングやベイトを凌駕する場合もある、という結論に至った。 とい...
渓流ルアー

【初期投資ミニマム】ワークマンのマリンシューズでウェットウェーディング【沢歩き】

ようやく夏本番といった陽気になってきた今日この頃。 35℃を超えるような真夏日には渓流の水に浸かって釣りをするウェットウェーディングが気持ち良い。 しかし、いざちゃんと始めてみようと思うとなんやかんやで結構装備に費用がかかるもの...
オールドスピニング

【温故知新】インスプールのスピニングリールという選択肢【渓流ルアー】

最新のリールに採用される事はまず無いのだが、渓流ルアーの世界では未だに根強い人気を誇っているのがインスプールのスピニングリール。 カーディナル33を筆頭に何種類かのリールが現役で使われており、中古市場では結構な値段で取引されている。 ...
オールドスピニング

【インプレ】ミッチェル 408【スパイラルベベルギアでハイスピード】

ガルシア3800に始まり、大森のダイヤモンドマイクロ7DX、カーディナル33、ミッチェル308を買って使ってみた所で、段々インスプールタイプのスピニングの良さがわかって来た今日この頃。 こうなるとやはりこの手のリールの中で格段に人気の...
トラウトロッド

【インプレ】ファインテール トレッキング&トラベラー FTX-50/565L【スイッチスタイルで2通りの長さに】

最近割と上流域の渓流に行く機会が増えたので、少し短いロッドが欲しくなってきた。5ftくらいが丁度いいかな・・・と思いつつも、ちょっと開けた所だと5.6ftの方がいいかも・・・なんて思ってみたり。 そんな優柔不断な管理人にピッタリなロッ...
オールドスピニング

【インプレ】ミッチェル308【プラナマティックの実力は?】

最近インスプールタイプのスピニングを3台程購入したのだが、ここまできたらやはり避けて通る訳にはいかないのがミッチェル。 サイズ的に308と408がカーディナル33に近く、ハイギアタイプである408の方が人気があるのだが、その分価格も高...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました