【インプレ】五十鈴工業 BC520X キメラ【ハイギア&IAR搭載で渓流ベイトフィネスに最適】

ベイトリール
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

日本最古のリールメーカーにして、今でもコツコツと丸型トラッドリールを作ってくれているのが五十鈴工業。

その中で、渓流ベイトをするならコレが良いのでは・・・と思うのがBC520X キメラ

キメラというだけに左右非対称ボディとなっており、その分ドライブギアが大きくできる事から6.1:1といったトラッドリールの中では高いギア比を実現。流れの中を引いて来る渓流シーンでも使いやすくなっている。

更にインスタントアンチリバース搭載で、現行リールと比較しても違和感が少なくなっている。

という事で今回はBC520Xをインプレしてみたいと思う。

スポンサーリンク

基本スペック

メーカーHP情報によるとこんな感じ↓

BC420に比べてギヤ比を6.1:1にアップしたBCシリーズの異端児520X。五十鈴工業製のベイトリールの中で、唯一ハンドル軸にワンウエイクラッチを搭載し、スムーズにリトリーブできるモデルです。ハンドル側とパーミング側の形状が違うアシンメトリーな設計も魅力です。

ハンドル
ギヤ比 6.1
最大ドラグ力 3kg
ベアリング数 5
ナイロン糸巻量 * 8lb – 182m
10lb – 146m
12lb – 123m
特徴 マルチディスクパワードラグ
フラットシェープ・樹脂製ダブルハンドルノブ
プッシュボタン・スプールクラッチ
ソリッドアルミニューム・マシーンカットスプール
4本遠心ブレーキカラー
インフィニットストッパー
フルタイムシンクロオシレーティング
チタンコートラインガイド
付属 ブレーキブロック
メンテナンスオイル
カラー・価格 BLACK/GRAY ARRANGE
48,950円(税込53,845円)

* 糸巻量はラインによって、また、巻き取りのテンションによっても変化します。表示の糸巻量は目安として下さい。

出典:https://isuzu-reel.com/

五十鈴リール唯一のワンウェイクラッチ搭載モデル。6.1:1のギア比と左右非対称な独特な形状が魅力のモデルである。

純正スプールは12lb-123mと太いラインがしっかり巻ける仕様になっているので、バス釣りで使うのに良さげな感じ。

個人的には渓流で使いたいのでマイクロキャストスプールと合わせて使う予定。

パッケージ

パッケージはシンプルな段ボール箱。

既にスプールは交換済み。

外観など

左から↓

左斜め前から↓

前から↓

右斜め前から↓

右から↓

右斜め後ろから↓

後ろから↓

左斜め後ろから↓

上から↓

下から↓

パーミング側から見ると真ん丸だが、ハンドル側から見るとエッグシェイプ。なかなか個性的なデザインである。

サイドカップにはMade in Japanの文字が。五十鈴の丸いエンブレムも良い感じ。

クラッチボタンにも五十鈴のロゴが。

サイズ感

サイズ感はアンバサダー1500CやミリオネアCTSVと同じくらいのイメージ。

同じ五十鈴製のスミスプラッガーと並べるとこんな感じ↓

重量について

マイクロキャストスプールとショートハンドルに替えてある状態で219.3g

アンバサダー1500Cが250gくらいなので、それと比較すると軽い。ミリオネアCTSV対比でも10gくらい重いだけなので、この手のリールの中では軽い方ではないだろうか。

スプールについて

純正スプールは外径34.5mm。

糸巻面の幅は21.5mm。

スプール重量は24.2gとかなりの重さ。

流石にコレで渓流へ行くのはしんどいので、アベイルのスプールに変更。

ナイロン1号を50m巻いて渓流へ。

渓流で使ってみた

早速渓流で使用。ロッドはファインテールグラス FSG-B462ULとの組み合わせ。

まずはDコンタクト(4.5g)から投げてみた。

これはもう余裕でキャスト可能。低弾道で思った所にキャストできる。

続いて3.5gのAR-S。

これもしっかりとキャストできた。

そして2.1gのAR-S。

これは流石にキャスト時の出遅れが顕著だったが、バックスイングを大きく取って早めにリリースすれば投げられたので、オープンエリアなら何とか使えるかも、といった感じ。

なので3g以上あれば安定して投げられる、といったイメージかな。スプール径が大きいので、φ30のミリオネアCTSV+フィネススプールとかφ28のアルファスAIR TWと比較してしまうとやや軽量ルアー対応力では劣るが、単体で見たら十分かと思う。

一方リトリーブに関しては大径スプールと高めのギア比のお陰で最大65cm/ハンドル1回転くらいなので、アップでのミノーイングなんかにも対応可能。

アンバサダーにもハイギアキットはあるが、品薄で手に入らない、ピニオン強度に不安があるといった欠点があるので、その辺を考慮すると益々希少価値があるのではないだろうか。

結果としては無事にイワナをキャッチ。

巻き心地も滑らかでトルクもしっかりあるので、ルアーを巻くのも魚を寄せるのも良い感じ。

実釣動画

初釣行の様子を動画にまとめてみた。

【渓流ベイト】五十鈴工業 BC520Xで渓流釣行【ファインテールグラスと】

まとめ

使用感としては現行リールに迫る勢いがあり、小渓流で使う分には殆ど遜色ないのでは・・・と思える仕上がりのリールである事がわかった。

勿論遠投性能だったり1g台のルアーを投げる能力だったりは最新リールに劣るかもだが、それを補って余りあるデザイン性があるので、これから使って行こうかと思う・・・って今は9月末、もうすぐ禁漁なので、次は管理釣り場で使ってみようかな。

タイトルとURLをコピーしました