【インプレ】ジョイクラなるルアーを買ってみた【チャイニークラッシュ】

ビッグベイト
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ある日ヤフオクでオールドリールを落札しようとしていたのだが、少し油断した隙に他の人に落札されてしまった。

その分のお金が余ったと所でふと目についたのがジョイクラ、と銘打たれたルアー。

形はまんまタイニークラッシュなのでは・・・という感じで、本家宜しく複数のリップが着脱可能でドルフィンテールも3個付いて来るとの事。

中国産と思われるのでチャイニークラッシュとも呼ばれているそうだが、まあ使えたら儲け物・・・という事でとりあえず買ってみた。

タイニークラッシュを持ってない管理人は本家との比較はできないので、普通のビッグベイトとしてインプレ。

スポンサーリンク

外観など

横から↓

上から↓

下から↓

前から↓

尻尾周り↓

顔周り↓

とりあえず全体的に造りはちゃんとしてる印象。塗装剥げやムラは無かった。目のシールが少し剥がれそうな気がする以外は特に気になる点は無し。塗装の耐久性は使ってみないとわからないかな。

フラット面が大きいので、クローム系のカラーだとフラッシング効果が高そう。

ジョイントの可動範囲

可動範囲はこんな感じ↓

結構大きく曲がる。ジョイント部品もそれなりに強度がありそうな感じ。

付属品

今回はリップが3種類とテールが3個付いてきた。

リップはサイズ違いだがテールは色違いで形は同じ。

重量について

本体(テール、リップなし)で57.2g。

ショートリップとテールを合わせると60.9g。

ノーマルリップとテールを合わせると61.2g。

ロングリップとテールで61.9g

ざっくり2ozクラス、で間違いないと思う。

サイズ感

ジョイクロ178と並べてみるとこんな感じ↓

ボリューム的には近い感じかな。

テールについて

テールは下から上に向かって差し込む仕組み。

テールの固さは固めのグミのイメージ。ハリボーみたいな感じかな。

脱着は可能なのだが、結構固いので取り外す時は何か工具を使った方が良さげ。

リップについて

リップも差し込み式で脱着可能・・・なのだが、買った状態そのままだとすんなり入らなかった。

リップ側にバリがあるようなので、少しヤスリで削ると入るようになる。

削った時の感じからすると材質はABS樹脂・・・かな?力を入れて曲げると白くなって、一定以上曲げると折れる感じの素材。

↓少し先端が白くなっているのがわかるだろうか。コレがバリである。

削った後はすんなり入ったが、外すのはめっちゃ固かったので、削る量には検討の余地がある。

Vテールを自作してみた

Vテールは付いてこなかったのでシリコンシート(厚さ1mm/ダイソー製)で自作してみた。

シートを適当な形に切って、根元には小さく切ったシートを重ねて針金で固定。

横から見るとこんな感じ↓

意外とちゃんと付ける事ができた。

水槽にて

ショートリップ×自作テールでこんな感じ↓

若干重たいようで、基本はスローシンキングな模様。

でもまあフックが無ければ浮く感じなので、ステイ時はしっかりフックの上に立つ感じ。これはこれでアリなのではないだろうか。

少し投げてみた

津久井湖で少し投げてみた。ロッドは7ftのHアクション、ラインは16lbナイロン。ショートリップと自作テールのセッティングにて。

飛距離については他の同クラスのビッグベイトと大差ない感じ。ジョイントの振り幅が大きい割にはちゃんと飛ぶようにできている。

アクションはウォブリング成分強めなウォブンロール。本家の方を動画で見た感じではショートリップだともう少しロールが入っていたようなイメージだったが・・・やはりちょっとバランスが違うのかな。

動画を撮ろうかと思ったが激濁りで残念ながら映らなかった。

けどまあこの動きでも釣れるシチュエーションは普通にある気がする。

まとめ

軽く投げた感じでは結構釣れそうな気がするルアーだった。更にまだ試してないリップのパターンもあるので、遊ぶ余地も残っている。

しかし今回は買った価格が高めだったので、コスパが良いかと言われると微妙。個人的には2000円くらいだったら買いかな・・・と思う。

本家が定価で買えるようになるといいんだけどな・・・・

タイトルとURLをコピーしました